2017.11.29カテゴリー:

皆さん、おはようございます👋

今日はロコモティブシンドロームを紹介します。

最近良く話題になるので知ってる方も多いと思いますが👋

一般的にはロコモって言われてますね。

日本語的には運動器症候群と言います。

ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器の何処かに単独または複数に障害が起こり、日常生活「立つ」「歩く」といった機能が低下している事です。

いわゆる健康寿命の低下の元だとされてます。

人間はただ生きているのではなく、いつまでも自分の足で歩き、楽しみを満喫しながら寿命を全うしようと言う取り組みです。

筋肉量を減少させない、筋力を衰えさせない、関節の可動範囲を確保するなど日々継続的なケアが必要でもあります。

それと、日々暮らしの中での楽しみや生きがいを見つける事も大切だと思います。

皆さん、ロコモを知り楽しみを見つけ、いつまでも元気に過ごしましょう😍

健康寿命とは健康上の問題ない状態で日常生活を送れる期間の事で、調査では男性は71.19歳、女性は74.21歳となっており平均寿命より10年以上短くなっています。

平均寿命を伸ばすより、最近では健康寿命を底上げする取り組みが始まってます👋

ページトップへ